スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

能動的な意識へとジャンプする

 これは、関ジャニ∞の話ではありますが、「意識のジャンプ」の話でもあります。 昨日の夜は、娘と一緒に関ジャニ∞の「 関ジャム 」という番組を見ていました。 関ジャニ∞による音楽に関する番組なのですが、関ジャニ∞がガッツリ取り上げられることは非常に少ないという番組です。 でも昨晩は関ジャニ∞の新曲レコーディングを通してボイストレーニングの成果が分かるというものでした。 私は関ジャニ∞のファン(eighter)になって10年ほどになりますが、ここ数年はしんどかったです。 渋谷すばるくんと錦戸亮ちゃんの脱退そのものも勿論しんどかったのですが、5人で頑張ってる関ジャニ∞を応援していても、どうしてもどうしても7人の頃の最高で最強なグループと無意識に比べてしまう自分がいて、それがしんどいのです。 特に歌を聴いていると、どうしても厚みが足りない感覚になってしまい、そう感じてしまうこと自体にしんどい思いをしてしまうのでした。 が。 昨晩の番組を見ていて、自分の中のひっかかりが抜けて、感じ方がガラリと変わりました。 2019年の末に、番組のゲストで出ていたボイストレーニングの先生( 安倉先生 )に、大倉くんが個人的にトレーニングをお願いし、そして安田くんも丸山くんも横山くんもそれに続きました。(村上くんはボイトレに行ってないとのことでしたが、みんなと自主練してる風な動画は見たことがあります。) リードボーカルの2人がいなくなって、これからのことを模索している中での「歌を磨いていく」という選択に、当時はまず驚きました。絶対的なボーカルの穴なんて埋められないからこそ、他の選択ではなく「歌」なのか……と、大倉くんが見据えているものを思うと、ちょっと涙が出そうになったのを覚えています。 そして一年経ち、新曲のMVが一部公開された時に、彼がどれだけの努力をしてきたのかを、我々eighterは知ることになりました。 ずっと中低音パートだった彼が、高音を歌っていたのでした。娘も私も「え…?これ、この高音って…ヤスくんやマルちゃんじゃなくて、大倉なの?」と目が真ん丸になりました。 昨日の番組でも、 「34年間くらい間違えて歌ってきた。」「(今は)歌うという概念が全く違う。」「新しい楽器に変わった感覚。」 と大倉くんが言っていました。「先生」に「正しい方法」を教えてもらい、「それを身につける努力を続け

最新の投稿

みづきちゃんのセッションで何かいろいろ出てきた

カービングするように絵を描いて

「好き」は大切に

大きな波に乗って、どこまで行けるのだろう。

まるで進級試験のようだと思っておりました。

歩みを見守る

土星とガブリエル

そういえば目からスキャンビームが出ているんだった

カードに訊いてみました。

犠牲ではなく奉仕