スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

四半世紀ぶりの大腸内視鏡検査

昨年の11月…でしたかね?
そろそろ痔のお薬を〜…と思い、2時間も待合室で待って、ようやく先生に「調子はそこそこです。でもお薬がある方がいいです。」と言ったところ、どういうわけか大腸内視鏡検査をしておこう!と言われまして。
「うちで検査となると…直近で2月1日だね。もっと早い方がいいなら市民病院に紹介状を書くよ!」と強烈プッシュされまして、
「じゃあ…こちらでお願いします…。」と言ってしまった私。
祖母もオカンも大腸ポリープが1つできて、それがガンになり手術してたので、オカンから
「あんたも50歳になったら大腸内視鏡検査しとこ。」
と何度か言われてまして、
49歳になってから心の隅で『来年は大腸内視鏡検査した方がいいのかなー。でもヤダなー。ほんとヤダなー。』という葛藤がぐるぐるしてたのでした。

何故イヤか。

四半世紀前に内痔核の手術をする前に大腸内視鏡検査をしていて、検査そのものはそんなにたいしたことないのは分かってます。
でも、その前に下剤を大量に飲まなければならなかったのがほんとーーに苦痛だったのです。
(そして、頑張って飲んで頑張って出したけど便がまだ少し残ってるのを大腸内視鏡検査で先生に指摘されました…。)
なので、大腸内視鏡検査そのものは良くても準備段階がイヤだったのです。


ですから、
何度かキャンセルしようかと思ったりしたのですが、そのたびに知り合いがフェイスブックで大腸内視鏡検査したらポリープが見つかったので切除してもらったとか、芸能人が大腸内視鏡検査の話をしてるとか、何故かすぐにそういうのが入ってくるので、
「いいよー。わかったよー。」とキャンセルを諦めるのでした。
また、更年期で生理の周期が早かったり遅かったりするのですが、このところ3週間で来てたので、こりゃ重なるかもー…と思ってたらその気配も無く。
家族が立て続けに発熱したからインフルエンザかもー、タイミング良く(?)うつったら検査キャンセルだなー、と思ったら、喉の炎症からの熱だったり。(←そして私にはうつらない)



精神的にジタバタしてたのですが、とうとう検査前の制限食に取り掛かる日となり、その翌日の夜は粒の下剤を飲まなければならなくなりました。

粒の下剤にもイヤな思い出がありましてね…。
16歳の時、高校の修学旅行先で便秘になり、友達がピンクの小粒のお薬をくれたので飲んで寝たら、夜中に便意を…

最新の投稿

カリスマの石

10歳と50歳

『これじゃないと感』まで『好き』が昇華しない病なのかと思っていたのですが。

くまえるのLINEスタンプをリリースしました

久々の更新です。

私の【エネルギー準位】がぽこんと励起されたのかも。

「なにみえ遠足」から10年

創造主の叡智を携えて前へ進み続けるのだ。

娘は「きょうだい児」

私の切望